ビフィズス菌

善玉菌の代表格「ビフィズス菌」は、オリゴ糖や乳糖を分解して乳酸を生産する「乳酸菌」の一種です。乳酸菌は悪玉菌を追い出して腸内環境を整え、肝臓の解毒作用を助けます。また乳酸菌が体内で作る乳酸や酢酸などの有機酸は、大腸内を酸性にして病原菌の感染や発がん物質の生成を予防します。また、腸は酸性になると刺激されて、蠕動運動が活発になるため便秘の解消にも役立ちます。

健康に重要なビフィズス菌

ビフィズス菌には、強い発がん性物質のニトロソアミンを腸内で分解する作用があることが確かめられています。胃がん、大腸がん、肝硬変などになった人の腸内では、ビフィズス菌が減少して悪玉菌が増殖します。風邪や口内炎、下痢や便秘などの状態でもやはりビフィズス菌が減少しています。腸内にいるビフィズス菌の数は、人間の健康や老化に深い関係があるのです。

ビフィズス菌の特徴とはたらき

ビフィズス菌は乳酸と酢酸を生成しますが、悪玉菌が作り出すアンモニアやアミン、インドールのような有害物質は一切生成しません。ビフィズス菌は人間にとってプラスの働きだけを持つ大変有用な菌です。しかし、ビフィズス菌が腸内に留まり健康にプラスになるように働いてくれる期間は約一週間くらいしかなく一度摂取すれば永久に腸内で増殖するというものではありません。ビフィズス菌は加齢とともに減少していきますし日常のストレスによっても少なくなるので毎日継続して摂取することが大切です。